ホーム > 調べる学習コンクール

利用状況

開館時間

蔵書検索

調べる学習って?

調べる学習は、本を使った自由研究です。
ふしぎに思ったこと、疑問に思ったことを本や新聞などを使ったり、実験をしたりして自分で調べてまとめてみましょう。
どんな本で調べればよいか悩んだら、図書館に行ってみよう。調べ物のお手伝いをしてくれますよ。

「茂原市 図書館を使った調べる学習コンクール」に作品を出してくれたみなさんに、参加賞と賞状が渡されます。
優秀作品に選ばれると、作品が冊子になって茂原市内の小中学校に配られます。

調べる学習の進め方



1.調べるテーマを決めよう

毎日の生活のなかで、自分が「どうしてだろう?」「ふしぎだな?」と思ったことが、調べるテーマになります。
興味のあることについて書かれている本を読んでいるうちに、調べたいテーマが見つかることがあるかもしれません。
テーマが大きすぎて、何から調べたらいいのか分からなくなったら、テーマを絞り込んでみましょう。
ドーナツチャート(下図)を使います。
たとえば、「モバりん」についてしらべるなら・・・
①テーマ「モバりん」を真ん中に書きます
②疑問に思ったことをまわりに書きます
③自分が調べたい順に番号をつけます



2.予想をたててみよう

調べるテーマが決まったらすぐに答えを探しにいくのではなく、自分で予想をたててみよう。
いろいろ考えているうちに頭の中が整理されてきます。
ドーナツチャート中から3つテーマを選んで調べてみましょう。



3.図書館でしらべてみよう

まずは、国語辞典や総合百科事典ポプラディアで調べてみよう。
本によって、書いてあることに違いがあるかもしれません。
調べたことをメモするときは、使った本の情報も一緒にメモしておきます。
(本のタイトル、書いた人、メモしたページ)

図書館の本は、内容によって10種類の仲間に分類されています。(分類表はこちら
本の背に貼ってあるラベルを見ると、仲間がわかります。
調べたいテーマの本を探してみましょう。本が見つからないときは、図書館の人に声をかけてください。一緒に本を探してくれます。


4.もっと調べてみよう

図書館で調べたことを、いろいろなところへ出かけてもっと調べてみよう。
本とは違った発見があるかもしれませんよ。

・実験、観察をしてみる
・博物館、美術館、動物園に行ってみる
・人の話を聞いてみる ...

見つけたこと、わかったことはメモや写真で記録しておきます。
日にち、場所、写真を撮った人や話を聞いた人の名前もメモしておきます。


5.調べたことを書いてまとめてみよう

調べた結果を書くだけでなく、発見したことや自分の考えをまとめてみよう。

・調べようと思った理由、きっかけ
・疑問点とその予想、調べる方法
・調べたこと、結果
・まとめ、感想
・参考文献(使った資料の情報)

最後に目次と表紙を作ったら完成です。


6.応募方法

「第3回 茂原市図書館を使った調べる学習コンクール」
・作品募集期間:平成29年9月1日(金)~9月15日(金)
 ※各学校で作品を取りまとめて受付します。作品は、学校か図書館まで持ってきてください
・対象:茂原市内の小中学校に通う児童生徒
・作品サイズ:小学生B4サイズまで
         中学生A4サイズまで
・ページ数:50ページまで (参考文献はのぞきます)
 ※参加者全員に参加賞と賞状をお渡しします


7.作品づくりのポイント

大切なことは2つ!!
・自分が感じたこと、自分の考えを大切にする
・結果ではなく、過程を大切にする


本にずばり、答えが書いてなくても大丈夫です!!
「本には書いてなかった」 ということが調べた結果となってもいいのです。
大切なことは本の内容ではなく、自分が感じたこと、考えたことなのです。


タイトルと表紙も重要です。
表紙には必ず “学校名、学年、組、名前” を書いてください。
布で装飾された表紙や紙粘土で立体的に作られた作品もあります。
「これ楽しそう!読んでみたい!」 と思わず手に取りたくなるように工夫してください。

8.様式ダウンロード